オーストラリアETASの有効期限について
omankokimochii
オーストラリアへ渡航・入国する際には必ずETAS(電子渡航認証)という電子ビザの申請が必要になります。
ETASは申請が終わり、渡航認証許可が下りると3ヶ月以内の滞在、また観光・就学が可能になります。
必ずオーストラリアへ渡航する際にはETASまたは取得してるビザの有効期限を確認しておきましょう。有効期限をどうやって確認するのか、有効期限内であれば複数回入国可能なのか、などを今回はその仕組みを説明したいと思います。


オーストラリアETASの有効期限はいつまでか?

オーストラリアETAS(電子渡航認証)は取得後1年間有効になります。
1年以内であれば何度でも渡航が可能になります。一度の渡航で滞在できる期間は最長3か月となり、渡航し空港についた段階で日数のカウントがスタートします。
必ず空港で到着した日を確認しましょう。万が一、オーバーステイしてしまった場合は今後オーストラリアへ入国できなくなる場合がありますのでご注意を。



オーストラリアETASは有効期限内に何度入国できるか?


オーストラリアETAS(電子渡航認証)は有効期限内、または1年以内であれば何度でも入国することが可能です。ただし、短期間の渡航を数回繰り返していると入国審査で止められ、色々と聞かれる場合があります。
こちらはしっかりと過去の渡航について説明できれば問題ありませんが、挙動不審な態度をとったりしていると入国を拒否される場合があります。


パスポートの有効期限がETASより早く切れる場合は?

オーストラリアETAS(電子渡航認証)に有効期限よりパスポート有効期限が早く切れる場合は注意してください。ETASの有効期限はパスポートの有効期限とリンクしていますので、パスポートの有効期限がETASの有効期限より早い場合はパスポートの有効期限をあらかじめETASの有効期限と思って行動してください。
オーストラリアETASはパスポートを更新しても既存の有効期限はついてきません。
ですのでパスポートを更新した場合は新たにオーストラリアETASの申請をする必要があります。



オーストラリアETASの有効期限を確認する方法は?


オーストラリア移民局のサイトから確認することが可能です。
ただし、代行会社で航空会社のシステムを利用している場合は参照番号自体が出ないので注意してください。
最近では公式サイトのシステムを利用した申請代行会社もあるため、こちらのほうがサポートもついているため安心かと思います。オーストラリア移民局(公式サイト)のシステムを利用している申請代行会社で申請を依頼した場合は、移民局での参照が可能な参照番号が自動付与されます。

移民局のシステムを利用した安全な申請代行会社 
Australia ETAS Application Service JAPAN

http://www.australia-etas.com/

ETASを公式サイトで確認する方法

オーストラリア移民局のETAS確認ページへアクセスします。

https://www.eta.immi.gov.au/ETAS3/etas

omanko
 
パスポート番号、参照番号があればETASの状況をリアルタイムで確認できます。
画像の通りに情報を入力し、最後に「次へ」をクリックすると有効期限を確認できます。